うちの子は育てにくい子 -発達障害の息子と私が学んだ大切なこと-

2019年11月14日

自分の子が発達障害だったらどうしよう、、、

そんな不安を抱く親も最近は多いのではないでしょうか。

「うちの子は育てにくい子」

このタイトル。発達障害の子の育て方の難しさを率直に表しています。

しかし、その難しさからも学ぶことがたくさんあります。

発達障害の子の育て方を本書を通じて学びましょう。

本書の言葉を少し紹介します。

少し、あとでなどの曖昧な表現は避ける

例えば、「よく噛んで食べてね」と発達障害の子に言った場合、「よくって何回くらいですか?80回くらいですか?」と聞かれたりする。そして、適当に「それくらいかな~」なんて言ってしまうと、子供は80回も噛めなくてどうすればよいかわからなくなり泣き出してしまったりする。

曖昧な表現ではなく、具体的に話したほうが良いのです。

発達障害のお子さんをもつ親御さんはとても共感できる本になっているでしょう。

その他の本

Posted by ton